秋のお彼岸に食べるのは、ぼた餅? おはぎ?

彼岸

秋のお彼岸に食べるのは、次のうちどちら?

A:ぼた餅

B:おはぎ


 

解 説

「ぼた餅」と「おはぎ」。
どちらも、餅米をあんこで包んだもので、特に春・夏と2回あるお彼岸に食べるものです。

それなのに、なぜ呼び名が違うのでしょうか。

実は、これは季節を表しているからです。

ぼた餅を漢字で書くと「牡丹餅」。
おはぎを漢字で書くと「お萩」。

つまり、春のお彼岸に食べるのが「ぼた餅」で、秋のお彼岸に食べるのが「おはぎ」なのです。

 

ちなみに、なぜあんこを食べるかというと、小豆は昔から邪気を払う効果があると信じられていたからです。

これが、先祖供養と結びついて、仏壇におはぎを添えるようになったと言われています。


 

答え:B

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る