ドミナント戦略って何?

セブンイレブンをはじめとするコンビニエンスストアはドミナント戦略をとる企業として知られています。

「ドミナント戦略」の説明で正しいのは次のうちどちら?

A:小売業がある特定地域に集中して店舗展開する戦略

B:卸売業や小売業などがメーカーと共同で企画して商品開発する戦略


 

「ドミナント」を英語で書くとdominant
「支配的な」「優勢な」「群を抜いて高い」という意味です。

ドミナント戦略をとる企業としてよく知られているのがコンビニエンスストアです。

「家の周りにはセブン-イレブンが多い」「このあたりはファミリーマートばかりだ」などと感じたことはありませんか。

意図的に、ひとつの地域に集中して出店しているんです。
この戦略を「ドミナント戦略」と呼びます。

理由は単純で、経営効率を高めるため。
商品配送などを効率的に行うことができるため、コストが低く抑えられます。
その地区の市場シェアを高めることで認知度を上げることもできますね。

スターバックスもドミナント戦略をとる企業として知られています。
そういえば、テレビCMなどは行っていないわりに認知度の高い有名企業ですよね。


答え:A

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る