「玉■混淆」の■に入るのは次のうちどちらでしょうか?

7a86e93f1e15dab4a36b58f3d4d19a9f_s

「玉■混淆」の■に入るのは次のうちどちらでしょうか?

A:石

B:宝


答え:A

 

玉石混淆で、「ぎょくせきこんこう」と読みます。
混淆は、混交と書くこともあるようです。

玉石とは、玉と石、つまり宝石と石ころのことで、
優れたものとつまらないもの、という意味です。
混淆は入り交じっている様子のことを表します。
つまり玉石混淆とは、
優れたものとつまらないものが入り交じっていることです。
「彼の絵は玉石混淆だ」などと使います。

玉石を使った言葉としては、
ほかに「玉石倶(とも)に焚(た)く」があります。
これは、優れたものも、つまらないものも、
ともに滅びるという意味です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る