「見ます」の敬語表現は?

cb2e90e36e962fce8ad0800db7a76104_s

「見ます」の敬語表現で正しいのは次のうちどちら?

A:拝見いたします

B:拝見させていただきます


解 説

「拝見させていただく」は、典型的な二重敬語です。

そもそも「拝見する」は、「見る」の謙譲語。
これだけで敬語表現になっているのに、さらに謙譲表現の「させていただく」を加えてしまっています。

最近は「させていただく」の乱用が多いと言われていますよね。

極端な場合は、こんな言い回しも・・・

「拝見させていただいたうえで、ご連絡させていただき、お打ち合わせさせていただければ幸いです」

耳障りもよくありませんし、「いただきすぎ!」と言いたくなってしまいます。

思い切って「させていただく」はカットして話をしてみても、意外とていねいな敬意は伝えられるものですよ。

とはいえ、「いただく」を付けたほうがよいケースもあります。
それは、相手が「~してくれた」という際です。

たとえば、
「わざわざ足を運んでいただき、ありがとうございます」
「教えていただいて助かりました」

など、相手の言動に対してつける「いただく」は、「自分のために~してくれた」という感謝の気持ちを伝える言葉です。

自分の言動に対してつける「いただく」は謙譲表現ですから、そもそも違うんですね。


答え:A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る