Warning: preg_match() [function.preg-match]: Compilation failed: unrecognized character after (?< at offset 4 in /home/aslan-estudio-com/public_html/aslan-bun.com/wordpress/wp-includes/wp-db.php on line 1657
流通業界、小売業界などの次世代の販売戦略「■チャネル」って何? | ビジネス文章力研究所(アスラン編集スタジオ)

流通業界、小売業界などの次世代の販売戦略「■チャネル」って何?

特に流通業界、小売業界などで次世代の販売戦略として注目を集める「■チャネル」の■に入る単語は次のうちどちら?

A:オムニ

B:オッパ


答え:A

 

オムニチャネルは、
さまざまなお客様との接点(チャネル)を統合し、
購買のチャンスを提供することです。

昔と違って、最近はお客様との接点がたくさんありますよね。
実店舗、EC(電子商取引)サイト、カタログ販売、
ソーシャルメディア、電子メールなどなど。

オムニとは、英語で「omni〜」で、接頭辞。
何か単語について、「全〜」「総〜」という意味になります。

オムニチャネルを直訳すると、「すべてのお客様との接点」なんですね。

小売業界にとって、オムニチャネルは
Amazonや楽天などネット通販会社との対抗策として有効な手段とみられています。

イオンやセブン&アイ・ホールディングスなども
取り組みを強化すると発表したことで、一躍、注目を集めました。

ちなみに、設問の不正解B「オッパ」は、
韓国語で「お兄ちゃん」という意味です。
「オムニ」と聞くと、どうしても韓国語の「お母さん」
という単語を思い出してしまいませんか?

私は最初にオムニチャネルと聞いたときは、
「お母さん営業?」と誤解してしまいました。

なんだか韓国語に詳しい人のようなことを書いておりますが、
まったくそんなことはありません(汗)。
私が知っている韓国語はオムニ、オッパ、カムサハムニダ、くらいです。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る