Warning: preg_match() [function.preg-match]: Compilation failed: unrecognized character after (?< at offset 4 in /home/aslan-estudio-com/public_html/aslan-bun.com/wordpress/wp-includes/wp-db.php on line 1657
電話の伝言を受けた後に使うフレーズでよいのは? | ビジネス文章力研究所(アスラン編集スタジオ)

電話の伝言を受けた後に使うフレーズでよいのは?

電話で伝言を受けたとき、内容を確認した後に使うフレーズとしてよりよいのは、次のうちどちら?

A:かしこまりました。申し伝えます。

B:かしこまりました。言っておきます。


答え:A

 

電話で伝言をお願いされたら、必ず内容を復唱して確認しましょう。

相手の話を聞きながらメモしたら、
「念のため復唱させていただきます」と言った後で復唱します。

内容が問題なければ、相手は「はい、そうです」などと言うので、
そうしたら「かしこまりました。申し伝えます」と返します。

さらに、「○○が承りました」などと、自分の名前を告げると、
相手に責任感のある態度が伝わるでしょう。
感じのよい電話対応となります。

ちなみに、「申し伝える」は「伝える」の謙譲語で、
尊敬語は「お伝えする」「おことづけする」です。

こちらから伝言をお願いしたい場合には
「伝言をお願いできますでしょうか」
「用件をお伝えいただきたいのですが」
「おことづてをお願いできますか」などというフレーズを使いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る