Warning: preg_match() [function.preg-match]: Compilation failed: unrecognized character after (?< at offset 4 in /home/aslan-estudio-com/public_html/aslan-bun.com/wordpress/wp-includes/wp-db.php on line 1657
「寸暇を惜しんで」の正しい意味と誤用

寸暇を惜しまず? 寸暇を惜しんで?

「寸暇を■勉学に励む」の■に入る言葉で正しいのは次のうちどちら?

A:惜しまず

B:惜しんで


答え:B

 

「寸暇を惜しんで」です。「すんかをおしんで」と読みます

寸暇とは、わずかな暇の時間という意味。
ちょっとした空き時間もムダにしないで何かに挑戦するときなどに使います。

平成22年に文化庁が発表した「国語に関する世論調査」では誤用の「惜しまず」だと思い込んでいる人が多かったようです。

「寸暇を惜しんで」と正しく答えられた人28.1%に対して、間違った人が57.2%もいたという数字が発表されていました。こちらのpdfの22ページに解説があります。

忙しい生活の中で、何か目標を達成するためにはすき間時間をうまく活用して勉強や練習に励むのが大切、とよく言われますよね。

このことを思い出せば、正しい答えを導き出せるのではないでしょうか。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る