Warning: preg_match() [function.preg-match]: Compilation failed: unrecognized character after (?< at offset 4 in /home/aslan-estudio-com/public_html/aslan-bun.com/wordpress/wp-includes/wp-db.php on line 1657
「前の人の失敗を繰り返す」という意味の慣用句で正しいのは、 二の舞を「踏む」? 「演じる」? | ビジネス文章力研究所(アスラン編集スタジオ)

「前の人の失敗を繰り返す」という意味の慣用句で正しいのは、 二の舞を「踏む」? 「演じる」?

「前の人の失敗を繰り返す」という意味の慣用句で正しいのは、 二の舞を「踏む」? 「演じる」?

A:二の舞を踏む

B:二の舞を演じる


 

答え:B

 

 

会話では「○○の二の舞になっちゃうね」と略して
使うことが多いかもしれませんね。

後に続くのが「演じる」という語だと知らずに使っている人も
いるのではないでしょうか。

そもそも二の舞とは、舞楽で、案摩(あま)の舞のあと、
案摩をまねて舞う、こっけいな舞のことです。

そこから、人の後に出てそのものまねをすること、
または前の人の失敗を繰り返すことを意味するようになりました。

舞は踏むものではなく、演じるもの。
そう考えると、答えがすんなり理解できるはずです。

ちなみに、「踏む」のは二の足。
二の足は「二歩目」という意味ですから、「踏む」になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る