Warning: preg_match() [function.preg-match]: Compilation failed: unrecognized character after (?< at offset 4 in /home/aslan-estudio-com/public_html/aslan-bun.com/wordpress/wp-includes/wp-db.php on line 1657
「先生に」「拝見していただく」?「ご覧に入れる」? | ビジネス文章力研究所(アスラン編集スタジオ)

「先生に」「拝見していただく」?「ご覧に入れる」?

「先生に見せる」を敬語にする場合に適切なのは次のうちどちら?

A:先生に拝見していただく

B:先生にご覧に入れる


 

答え:B

 

「ご覧に入れる」は謙譲語1です。
自分側から相手側または第三者に向かう行為・ものごとなどについて
その向かう先の人物を立てて述べるもの。
つまり、見せる相手である先生を立てた敬語なのです。

 

「見せる」の謙譲語2としては、
「お目にかける」という言い方もあります。

 

なお、「見てもらう」というニュアンスを持たせたい場合は、
「ご覧いただく」とします。

「いただく」は「恩恵を受ける」という意味を含んでいます。
何かを先生に見てもらうことで、
確認してもらう、または指導してもらうなど
恩恵を受ける際に使うわけです。

 

設問の答えA「拝見」は、自分が見る際に使う言葉です。
先生、上司、お客様などから何かを見せてもらう際に、
「拝見します」「拝見いたしました」など、自分が見た際に使いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る