泣いてバショクを斬る? 泣いてバショウを斬る?

三国志

「泣いて馬謖を斬る」の読みで正しいのは次のうちどちら?

A:ないて バショク を きる

B:ないて バショウ を きる

 


 

解 説

「泣いて馬謖を斬る」の「馬謖」は、バショクと読みます。

「たとえ愛する物でも、規律を守るためには私情を挟まずに厳しく処分する」という意味です。

「泣いて」ですから、「つらいけれど泣く泣く」というニュアンスですね。

 

そもそも「馬謖」は人の名前で、三国時代の蜀(しょく)の武将でした。
諸葛亮(しょかつ りょう)の愛弟子として、有能な人物だったようです。

しかし、馬謖はある戦いで亮の立てた戦略に従わず、自分の判断で突き進んでしまうことがありました。
結果、戦いに敗れてしまいます。

亮は馬謖を有能な人物と認め、愛弟子としてかわいがっていましたが、軍の規律を守るため、辛い気持ちをおさえて処分をしました。

この話から「泣いて馬謖を斬る」という言葉が生まれたと言われています。


答え:A

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る