「痛いですか?」を敬語表現にすると?

痛いの敬語表現

「痛いですか?」を敬語表現にしたときに適切なのは次のうちどちら?

A:お痛みはありませんか?

B:痛みはございませんか?


答え:B

 

単語の頭に「お」「ご」をつけると敬語表現となります。

お名前、お客、お金、お茶碗、お昼、お米などさまざまありますよね。

これらに「お」をつけないと、少し乱暴な言葉づかいだと感じてしまうのではないでしょうか。

一方、「お」「ご」をつけない言葉もあります。

よく挙げられる例が「ビール」です。
基本的に外来語には「お」「ご」をつけません。

お酒を出すお店で「おビール」などと言われることもありますが、「ビールはいかがですか?」で十分ていねいな言葉づかいとなるわけです。

設問の「痛み」は、習慣として「お」をつけません。
そのため、「痛みはございませんか?」で敬語表現となります。

ただし、最近では歯医者さんなどで「お痛み」と使うケースが多いようですね。

「ビール」と同様、ていねいにしすぎた表現ですが、そのうち一般化していくのでしょうか。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る