Warning: preg_match() [function.preg-match]: Compilation failed: unrecognized character after (?< at offset 4 in /home/aslan-estudio-com/public_html/aslan-bun.com/wordpress/wp-includes/wp-db.php on line 1657
部長が会議に出席しないことを直属の課長に伝える際に適切なフレーズは? | ビジネス文章力研究所(アスラン編集スタジオ)

部長が会議に出席しないことを直属の課長に伝える際に適切なフレーズは?

部長が会議に出席しないことを直属の課長に伝える際に、より適切なフレーズは?

A:部長は来られないそうです。

B:部長はいらっしゃらないそうです。


答え:B

 

どちらも失礼な表現ではありません。

しかし、「来られない」には
「来ることができない」という可能・不可能の意味もあります。

誤解を受けやすいため、「いらっしゃらない」のほうがより適切と言えるでしょう。

 

「いらっしゃる」は、「行く」「来る」「居る」の尊敬語です。

「休日はどんなところへいらっしゃるのですか?」が「行く」、
「休日にこちらへいらっしゃいました」が「来る」、
「休日は自宅にいらっしゃいますか?」が「居る」です。

 

また、「~ている」「~である」などの尊敬語でもあり、
「先生はご多忙でいらっしゃいます」などという用例もあります。
この場合、形容詞の連用形に接続助詞「て」「で」をつけて使います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る