Warning: preg_match() [function.preg-match]: Compilation failed: unrecognized character after (?< at offset 4 in /home/aslan-estudio-com/public_html/aslan-bun.com/wordpress/wp-includes/wp-db.php on line 1657
「蹉跌」の読みは「さてつ」?「ていてつ」? | ビジネス文章力研究所(アスラン編集スタジオ)

「蹉跌」の読みは「さてつ」?「ていてつ」?

「蹉跌」の読みは「さてつ」?「ていてつ」?

A:さてつ

B:ていてつ


答え:A

 

蹉跌(さてつ)は、つまづき、失敗、挫折、という意味です。

70年安保終焉後の若者達の孤独感を描いた
石川達三氏による『青春の蹉跌』という小説がありますが、
蹉跌は若いうちに経験したほうがよいですね。
ちなみに、映画化もされています。
萩原健一さん、桃井かおりさんや森本レオさんと、
今も活躍中の俳優さんの若かりし日の姿を見ることもできます。

一方、「ていてつ」は蹄鉄と書きます。
馬や牛のひづめ(蹄)に装着されるU字型の道具です。

文字の形は似ていますが、意味はまったく違いますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る