Warning: preg_match() [function.preg-match]: Compilation failed: unrecognized character after (?< at offset 4 in /home/aslan-estudio-com/public_html/aslan-bun.com/wordpress/wp-includes/wp-db.php on line 1657
「少々お待ちくださいませ」「お待ちしておりました。ただいまお取り次ぎをいたします」どちらがいい? | ビジネス文章力研究所(アスラン編集スタジオ)

「少々お待ちくださいませ」「お待ちしておりました。ただいまお取り次ぎをいたします」どちらがいい?

取引先の担当者が部長あてに来社したとき、受付で使うフレーズとしてよりよいのは次のうちどちら?

A:少々お待ちくださいませ。

B:お待ちしておりました。ただいまお取り次ぎをいたします。


 

答え:B

「少々お待ちくださいませ」というフレーズが 相手に失礼というわけではありません。

ただ、取り次ぎを依頼された際、
このセリフだけ言って去っていくと
来社した人は少し不安になってしまうのではないでしょうか。

「ただいまお取り次ぎをいたします。少々お待ちくださいませ」 と、
AとBを合わせて言うのがベストかもしれません。

また、「お待ちしておりました」「いらっしゃいませ」などと言うと
相手を歓迎している気持ちを表現できます。

「○○社の○○様でいらっしゃいますね。
いらっしゃいませ。お待ちしておりました。
ただいま部長にお取り次ぎいたしますので、

そちらにおかけになって、少々お待ちくださいませ」

笑顔で言えたら、 会社のイメージも、あなたのイメージもアップするでしょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る