Warning: preg_match() [function.preg-match]: Compilation failed: unrecognized character after (?< at offset 4 in /home/aslan-estudio-com/public_html/aslan-bun.com/wordpress/wp-includes/wp-db.php on line 1657
「挨拶は時の氏神」ってどんな意味? | ビジネス文章力研究所(アスラン編集スタジオ)

「挨拶は時の氏神」ってどんな意味?

「挨拶は時の氏神」の正しい意味は次のうちどちら?

A:挨拶は人と人との関係をよくする神様のようなもの

B:もめ事が起きた時に仲裁してくれる人には従うべき


答え:B

 

「挨拶は時の氏神」で言う「挨拶」は、争いごとという意味です。
氏神は先祖をまつった神、もしくは土地の鎮守の神のこと。

もめ事を仲裁してくれる人は、神様のようにありがたい存在だから、
仲裁に従って早く収束させたほうがいい、という意味になります。

「仲裁は時の氏神」と表現することもあります。

意地を張って、いいことはありません。
第三者の意見を取り入れることで、冷静になれることもありますよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る