Warning: preg_match() [function.preg-match]: Compilation failed: unrecognized character after (?< at offset 4 in /home/aslan-estudio-com/public_html/aslan-bun.com/wordpress/wp-includes/wp-db.php on line 1657
模倣品の販売などを取り締まる法律は「独占禁止法」?「不正競争防止法」? | ビジネス文章力研究所(アスラン編集スタジオ)

模倣品の販売などを取り締まる法律は「独占禁止法」?「不正競争防止法」?

他人の商業や模倣品の販売、営業秘密の不正取得などを取り締まる法律として正しいのは次のうちどちら?

A:独占禁止法

B:不正競争防止法


答え:B

 

不正競争防止法は、名称のとおり、

不正な手段によって行われる商行為を禁止する法律です。

韓国半導体大手SKハイニックス半導体に
東芝の主力製品である半導体メモリーの研究データを
流出させたとして逮捕者が出たニュースが報道されたことがありましたね。

損害規模は1000億円超で、
東芝はSKハイニックスに損害賠償を求め、その後和解したとの報道もありました。

たしかに、このような行為を野放しにするわけにはいきません。
競争はできるだけ自由な環境で行われるべきですが、
無秩序であると、公正な競争ではなくなってしまいます。

ちなみに、不正競争防止法で禁止されているのは、
主に次のようなものです。

・著名表示不正使用等の行為
・商品形態をデッドコピーした商品を流通に置く行為
・営業秘密の不正利用行為
・商品等の原産地・品質等誤認行為
・他人の営業上の信頼毀損行為
・代理人等による商標の無断使用行為

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る