Warning: preg_match() [function.preg-match]: Compilation failed: unrecognized character after (?< at offset 4 in /home/aslan-estudio-com/public_html/aslan-bun.com/wordpress/wp-includes/wp-db.php on line 1657
「魚のあぶらが乗る時期」の「あぶら」はどちらの漢字が正しい? | ビジネス文章力研究所(アスラン編集スタジオ)

「魚のあぶらが乗る時期」の「あぶら」はどちらの漢字が正しい?

「魚のあぶらが乗る時期」の「あぶら」はどちらの漢字が正しい?

A:油
B:脂


答え:B

普段は何となく使い分けているかと思いますが、改めて問われると、
違いを説明するのは難しいですよね。

油は液体状のもの、もしくは植物や鉱物に由来するものに使う漢字です。
ごま油、水に油を注ぐ、油を売る、油炒めなどです。
油に水というときも、この漢字を使います。

一方、脂は固体状のものや主に動物性のあぶらに使う漢字です。
脂汗、脂ぎった、脂っこい、脂身などです。

「脂が乗る」の意味は魚や鳥の脂肪が増しておいしくなることです。
転じて、仕事の調子が出てくることを指すこともあります。

「あぶら」を使った慣用句はたくさんあります。

油が尽きて火消ゆ
生命がなくなって死ぬ、資本が尽きて商売をたたむ

油に水
質の異なったもので不似合い、互いに溶け合えないたとえ

油を売る
無駄話で時間を過ごす

油を差す
物質的、精神的に応援して元気を回復させる

油を絞る
金銭などを手に入れるのに苦しい思いをする、厳しく叱る

油を注ぐ
物事の勢いや感情などに働きかけて、いっそう盛んにする

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る