Warning: preg_match() [function.preg-match]: Compilation failed: unrecognized character after (?< at offset 4 in /home/aslan-estudio-com/public_html/aslan-bun.com/wordpress/wp-includes/wp-db.php on line 1657
『文章力の基本が身につく本』 | ビジネス文章力研究所(アスラン編集スタジオ)

『文章力の基本が身につく本』

『文章力の基本が身につく本』

著者 山崎政志

1945年生まれ。文書作成コンサルタント。一部上場企業を中心に、これまで文書技術指導を受けたビジネスパーソンは10000人を超える。著書に『極意がわかる ビジネス文書の書き方とマナー』『いちばん伝わる!ビジネス文書の書き方とマナー』『「目的」と「型」がわかればビジネス文書はスラスラ書ける』などがある。

ウェブサイト 山崎技術士事務所


これに使える!

ブログ  ★★★
レポート ★★★★
メール  ★★
企画書  ★★★★
小論文  ★★★

 

ざっくり紹介!

相手に伝わる文章を書いている人が実践している、文書作成の「小さなコツ」を、やさしく教えてくれます。

例文→解説→ポイントの順にコンパクトにまとまっているので、1つひとつのコツを気軽にクリアできるのが魅力です。

基本的なルールはもちろんのこと、相手をひきつける言葉の選び方や描写力の高め方、臨場感の出し方など、「うまい」と言わせるテクニックまで踏み込んだ解説がついています。

誤りやすい慣用句表現、同音異義語、書き出し文の「名作」など、ところどころに付録がついているのもGOOD!

文書を書いても、相手の反応がうすい、動いてくれない……。
こんな悩みを持つ人には、役立つヒントがたくさんつまっている本です。

 

ここは押さえろ!

1 文章は相手を動かすために書く
2 あいまいさをなくすとビジネス文書は読みやすくなる
3 心に響く表現を身につけよう

 

追記代わりのメモ

基本的な文章のルールは類書でも結構聞かされてきたことでしたが、「時」と「とき」の使い分け、「場合」と「とき」の使い方など、あいまいに理解していたことが整理されていて、かゆいところに手が届く感じでした。
イラストがかわいいのも、結構大きなポイントだと思います!

image

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る