「南船北■」の■に入るのはどちら?

aec01fb33fe296766d6e81ae3b6f06fd_s

「南船北■」の■に入るのはどちら?

A:車
B:馬


答え:B

 

南船北馬(なんせんほくば)は、あちこちを旅行する様子のことです。

昔の中国の交通手段を言っていて、
南は河川が多いので船を使い、北は山や平原が多いので馬を使って
旅行したことから、あちこち飛び回る様子を表すようになりました。

南北を使う四字熟語に対して、東西を使う四字熟語には
「東奔西走(とうほんせいそう)」があります。

東奔西走もあちこち飛び回る様子を表す言葉ですが、
どちらかというと、仕事で忙しくかけずり回ることを指します。
対して、南船北馬は旅行であちこち飛び回ること。

南北、東西で状況の違う似た言葉があるのは興味深いですが、
ある意味、どちらもうらやましい状況ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る