「東雲」の正しい読みは次のうちどちら?

75cbeb36fa7e23d778c85ceba3e98c6e_s

「東雲」の正しい読みは次のうちどちら?

A:しののめ

B:あずまぐも


答え:A

 

難読漢字ですね。
東雲で「しののめ」と読みます。

広辞苑の記載には次のようになっています。

(1)東の空がわずかに明るくなる頃。あけがた。あかつき。
(2)明け方に東の空にたなびく雲。

古代の原始的な住居には編み目の粗い部分があり、明かり取りの役目を果たしていたそうです。

その網は篠竹(スズタケ)で作られていたため、明かり取りの部分を「篠の目(しののめ)」と呼ぶようになったとか。

この篠の目がやがて明かり取りそのものを指すようになり、夜明けの薄明かり、夜明けについても「しののめ」と言うようになったとされています。

日本ならではの趣深い表現ですね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登録無料 2分でわかる!日本語向上ドリルメールマガジン

関連記事

ページ上部へ戻る